2018年06月28日

キャラ弁はいろいろな方面に進化

キャラを模したお弁当のグを使うことで、華やかな見た目で楽しむキャラ弁。

作り手も楽しみながら作り、食べる側も開けたときの嬉しさがあるのがキャラ弁。

最近はキャラ弁の枠を超えて進化しつつあるんですよ。

弁当っていう枠組みから開放されたものや、より精密さを求めたキャラ弁まで、その進化は留まることを知りません。


キャラ弁の枠内での進化は、のりを使った切り絵タイプのキャラ弁。

今まではおにぎりを型取りしてふりかけで色付けした立体的なキャラ弁が多かったですが、

最近はご飯をキャンバスに絵を書くという手法が出てきているんですね。

持ち運ぶため、ふりかけでは線が崩れたりして難しいものも海苔なら崩れることも少なく、しかも作り手によってはかなり精細な絵を賭けるのが特徴ですね。

もう一つはキャラ弁の枠を超えたホットケーキアート。

焼き上がりの時間差を利用して焦げ目の強さで表現する手法ですが、これはかなりの技術が必要。

動画もたくさんアップされていて面白いですよ!


https://1dconcertfilm.com/

  


Posted by kyarabbenn at 20:39Comments(0)キャラ弁の進歩